赤大根

表面が赤い大根で、中は白色です。
この赤色には、ポリフェノールの一種であるアントシアニン系色素が含まれており、天然色素としても使われていたり。
眼精疲労やコレステロール値の軽減、アンチエイジング効果などが期待できるようです。

<旬の時期>
寒冷地では9月中旬~10月にかけて、温暖地では11月頃~翌1月頃までが収穫時期で、旬は11月~12月初めがオススメです。

<食べ方>
生のままは、大根の辛味があるので辛いと感じるかもしれません。
薄くスライスしてサラダにしたり、甘酢漬けも美味しくいただけます。
赤大根の甘みを楽しみたい時はグリルがオススメです。

エキストラオリーブオイル・岩塩・ブラックペッパーをかけてシンプルにいただくと、辛みが和らいで大根のフレッシュなシャキシャキとした食感と共にお楽しみいただけます。
薄くスライスして、甘酢漬けも美味しくいただけます。
小さいサイズのものは、丸ごと焼き野菜で甘みを楽しめます。
焼くと赤い色が薄いピンク色になります。